西三河支部宅建青年部会規約

西三河支部宅建青年部会規約

(名 称)
第1条 この会は(社)愛知県宅地建物取引業協会(以下協会という)西三河支部(以下支部という)宅建青年部会(以下本会という)と称す。

(目 的)
第2条 不動産流通業務に従事している若手経営者及び従業員が協会本部事業・支部事業への協力と専門知識向上のための研修会・勉強会、福利厚生事業及び親睦活動を通じ、互いの交流を深め、次世代の協会を担う人材育成と会員の資質向上と新しい不動産流通業務の推進を図ることを目的とする。

(事 業)
第3条 支部傘下の本会は、目的達成のため次の事業を行う。
(1)会員相互の資質の高揚を図り、宅地建物取引業務の向上を推進するための諸研修事業。
(2)会員の親睦と情報交換を図るための諸会合の開催。
(3)その他、本会の目的達成のため必要な事項。

(事務局)
第4条 本会の事務局は支部事務所に置く。

(会員資格)
第5条 本会の会員は以下の各号に該当する会員で構成する。第14条の会費を納入した者に限る。
   1.会員
(イ)支部の正会員・準会員及び正会員の認める従業者とする。
(ロ)この会の目的に賛同した年齢は40歳までの品格ある青年であること。
      但し、年度中に42歳に達した時、退会となる。尚、当該年度中は会員の資格を有する。
(ハ)役員会が必要と認めるもの。
   2.OB会員 この支部に功労があり、役員会で承認された者をいう。
          但し、総会・委員会等において議決権はないものとする。

(入 会)
第6条 本会の入会については支部会員の推薦により役員会の承認を得なければ ならない。

(退会及び除名)
第7条
1.退会は会員の意志による。
2.支部会員の資格を失った時、その会員、社員は退会とする。
3.本会の名誉を著しく傷つけその目的趣旨に反する行為をしたときは役員会の決定に於いて除名する事が出来る。

(役 員)
第8条 本会に次の役員(以下役員という)を置く。
1.会 長    1名
2.副会長    2名
3.会 計    1名
4.委員長   若干名
5.事務局長    1名
6.会計監査   1名
7.顧 問   若干名
8.支部長    1名
但し、顧問、会計監査は議決権はないものとする。

(役員の任期及び任務)
第9条 前条の役員の任期は4月1日より翌々年の3月31日までの2年間とし、会長のみ再任は無いものとする。
(1)会長は本会を代表し、会務を総括し総会及び役員会を招集し、各々の会の議長を務める。
(2)副会長は会長を補佐し会長に支障の有る場合はその職務を代行する。
(3)会計は本会の会計業務を行う。
(4)幹事は本会の運営に協力し、事業を推進する。
(5)顧問は本会の運営を円滑にならしめる様、役員のよき相談相手となる。

(役員の選出)
第10条 役員は本会総会にて決定する。

(運 営)
第11条 本会は総会、定例会、役員会、臨時総会をもって運営する。
(1)総会は年1回開催する。
(2)定例会は2ヶ月に1回程度開催する。
(3)役員会は3ヶ月に1回開催する。
(4)臨時総会は必要に応じて会長が適宜招集する。

(総会の構成及び議決)
第12条 総会は会員の過半数(委任状含)の出席をもって成立し出席者の過半数 の同意により決定する。
2.総会の審議事項は以下のものとする。
 (イ)規約改正
 (ロ)事業報告及び会計報告
(ハ)役員の選出、承認
(ニ)会員の入会及び退会に関する事項
 (ホ)その他会長が重要と認める事項

(役員会)
第13条 役員会は役員の過半数の出席をもって成立し出席者の過半数の同意をもって決定する。
2.役員会は第3条に揚げる事業のため具体的な企画立案をする。
(イ)総会議案の作成
(ロ)事業計画及び予算
(ハ)業務に関する調査研究、研修会
(二)緊急重要事項の審議
(ホ)その他会長が重要と認める審議
3.会員の入退会並びに除名に関する審議

(会 費)
第14条 会費は月額1,000円とし年一括払いとする。尚、年度途中の入会は月割計算とする。
2.本会は運営費の一部として支部各委員会の予算から助成金を受けることができる。この場合支部へ会計報告を提出しなければならない。
3.役員会の決定により必要に応じ会員より臨時会費を徴収する。
4.徴収した会費は理由の如何に拘らず返金しない。

(会計年度)
第15条 本会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとし総会に於いて収支 の監査報告を行なう。

(会則の改廃)
第16条 この会則を改廃しようとする時は、総会の議決を経なければならない。
また、本会の定めがなく会の運営に必要な事項は役員会に於いてこれを定める。

(附 則)
1.この規約は平成21年3月23日から施行する(平成21年3月11日制定)